無料ブログはココログ

集会等の報告

2015年10月12日 (月)

李政美コンサート、盛況のうちに終了!

10月11日、李政美ウリハッキョで歌う! VOL3が枝川朝鮮学校で開催されました。焼肉コンサートと銘打ちましたが、あいにくの雨。演奏会場は学校講堂にうつしました。しかし、七輪での焼肉は強行。校舎庇下に天幕をはり、枝川カルビ、枝川ホルモンを焼く煙が充満していました。コンサート開演前に行われた枝川フィールドワークにも20人の参加者があり、予定時間をオーバーして枝川を散策しました。コンサートでは朝鮮大学生現役バンドのセナルの演奏に続き、李政美さんの登場! いつにましてシンミリとした曲が多く、会場の聴衆は澄み切った李さんの歌声によいしれていました。参加された皆さん、本当にありがとうございました。Photo_3 Photo_2Lee

2013年5月19日 (日)

焼肉コンサート第二弾/李政美ウリハッキョで歌う、盛況でした

気がかりだった天候は一転、日差しが強すぎる好天のもと、枝川朝鮮学校支援焼肉コンサート第二弾「李政美ウリハッキョで歌う」は200人を超える参加者をみて、大盛況に終えることができました。皆さん、ありがとうございました。130519

2013年4月30日 (火)

「枝川へ行こう!」第一弾、行われました!

「枝川へ行こう!」の第一弾、「授業参観」「フィールドワーク」「シンポジウム」が去る4月28日、好天の下、無事に行われました。ゴールデンウィークに入った日曜日の枝川、9時からの授業参観には30人ほどの方が集まってくれました。学校では新一年生の初めての「朝鮮語授業」も行われていました。10時45分からのフィールドワークは基金側から3人が案内人として同行。小1時間ほど枝川町内を散策しました。旧共同水場横の10畳の建物の解体が始まっていました。写真は現「朝日公園」から10畳を見ているところ。Field_2 つぎの「枝川へ行こう!」はいよいよ焼肉コンサートです。5月19日、チケットはこちらで申し込めます。

2011年3月 5日 (土)

新井英一ライブは大盛況でした。

みなさん、ありがとうございました。「3.5新井英一ライブ・イン・枝川」は240名の入場者を数え、大盛況で幕をおろしました。陽がそそぐ、この日のコンサートのために導入した椅子は200を用意していましたが、それでは足りず、急遽折りたたみ椅子も追加されました。午後一時開場、一時半からは子どもたちの演奏・踊りが披露されました。そして、午後二時過ぎ、新井英一さんの登場です。ギターの高橋望さん、ゲストとして来場されたチャンゴの李昌燮さんとともに舞台にあがります。エンディングの「清河への道」まで一時間余り、会場となった講堂は熱気に包まれていました。会場カンパも多く寄せられ、実行委員会一同、感謝のことばもありません。会場外では外構などの工事がまだまだ行われていました。来場の皆さん、足場の悪い中ありがとうございました。四月には完成いたします。本日はありがとうございました。
Arai01 本日到着したばかりの真新しい椅子が並べられた







Arai02 子どもたちの演奏が行われている

Arai03

二階廊下では子どもたちも演奏を聴いていた

2010年10月17日 (日)

パギやんコンサート無事終了!

普段の心がけのおかげか、好天(雲は多少ありましたが)の下、「浪花の歌う巨人」こと、パギやんのコンサートは無事終了しました。「焼肉コンサート」の名にふさわしく、用意したカルビ、ホルモンは売り切れ!! お腹も心も一杯になった一日でした。新しく用意された舞台の背景は建築中の新校舎。これ以上の舞台設定はありません。パギやんのステージの合間には朝鮮歌舞団の演奏もありました。また、後半にゲストとしてパギやんと一緒に舞台に上がった朴根鐘さんのアジェンの音色は心に強く響きました。
上の写真は焼肉の煙に霞む舞台。パギやんの姿が見えますか?
下はパギやんと朴根鐘さん。朴さんの演奏しているのがアジェンです。Pagi01
Pagi02

2010年5月11日 (火)

「朝鮮の子」を見て考える。

連休明けの5月9日、「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東が主催する「映画「朝鮮の子」を見て考える」集会に編集子は参加してきました。1954年に製作された映画「朝鮮の子」を上映し、宋賢進さん、保護者などのお話を聞く、という集会でした。四谷・上智大学キャンパスに隣接する会場脇の道路では聖イグナチオ教会を訪れる人々を相手にしたマーケットが開かれていました。「朝鮮の子」をはじめて見る集会参加者も多く、興味深くご覧になっていました。

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30